不動産投資の情報をご紹介!

海外一棟マンション投資の成功例

海外一棟マンション投資の成功例 不動産投資の成功例では海外で一棟マンションを購入して投資を行った場合もあります。
海外ではキャッシュが用意できない場合は、売主ファイナンスという売主の既存ローンを引き継いでから購入する方法もあります。
例えばある物件を修繕費を含んだ金額で購入し、修繕後には物件の価格が上昇する家賃から収益を得ることが出来ます。物件は都市や大学にも近く便利が良いです。
また、別の物件では修繕費用は不要で売主ファイナンスも利用して一棟マンションを購入したという例もあります。
海外だと外国人がローンを組むのがハードルが高いことがあります。審査にも時間がかかり、借りる側の属性なども問われます。
例えば勤め先などの履歴などです。特に自営業だと審査は通りにくいです。そこで活用できるのが売主ファイナンス付きのマンションです。
これは一つはアパートの売主からお金を借りる方法と、売主がローンで物件を取得していてその残債があるときはそのローンを引き継ぐ方法です。

一棟マンション以外でも大きなリターンがあるかも

一棟マンション以外でも大きなリターンがあるかも 不動産投資といえば一棟マンションの経営ですが、それ以外でも大きなリターンを期待できます。
特定の場所を継続的に利用できる不動産のメリットを活かせば、交通の利便性が良いところのマンションの区分所有をする、車が多く通る環境で駐車場を経営するといった様々なビジネスを行えるのです。
人が集まる都心部では、一棟マンションより商業ビルの需要が大きいこともあり、オフィス賃貸による法人を相手とした事業も有効になります。
不動産において大きなリターンを得るためには、その土地に向いている事業を選択するのがコツです。
郊外のエリアであっても、ベッドタウンとして子どもを連れた家族が多いのならば、戸建てを借家として貸し出すことで、安定した利益を獲得できます。
中古の物件を大規模改装することで付加価値を高め、一棟マンションと同様に賃貸物件として利用するか、あるいは、高めの価格で売却するのも、不動産投資によって大きなリターンを狙う時に効果的です。